YOSSY'S UK BLOG

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback(-) commnet(-) | ↑TOP |

「アンジェイ・ワイダ 祖国ポーランドを撮り続けた男」


Online Videos by Veoh.com
戦後ポーランドの代表的な映画監督アンジェイ・ワイダのドキュメンタリー。NHKが最近製作したもの。

これまでの代表作では、社会主義政権時代に検閲をうまくかわすために政治批判に繋がるシーンはカットせずに暗示で表現した、という貴重なエピソードが明かされてる。確かに彼の映画にソ連の影響が強い時代にどうやって撮れたのよと思うような数々の名シーンがはあって、やっぱり相当作戦を練っていたのねと納得した。ソ連よりポーランドはゆるいところもあったみたいだけど、言いたいことを言うというそれだけのことで大変な思いをしていたのがわかる。

あと「灰とダイアモンド」でなんとなく気になっていたバーでウォッカのグラスに火をつけて死んだ戦友の名前を出すシーン、あれはポーランドの風習で「死者の炎」というキリスト教より古く伝わるものなのだとか。シーンの雰囲気を楽しめばそれでいいんだけど、ポーランドという国の機微を感じられてなんだかうれしい。

ワイダは80歳になったにも関わらず最新作「カチンの森」(2007)を作り上げて、自身の父も殺された第2次世界大戦中のソ連によるポーランド人将校の大量殺害事件を取り上げている。
スポンサーサイト
| trackback:0 | commnet:0 | ↑TOP |
コメント
コメントする










 
このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
このエントリーへのトラックバック
YOSSY'S ARCHIVE
YOSSY'S TWITTER
ABOUT YOSSY
ENTRIES
YOSSY'S BOOKMARK
COMMENT
YOSSY'S ARCHIVE
CATEGORIES
TRACKBACK
SITE INFO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。