YOSSY'S UK BLOG

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
commnet(-) | ↑TOP |

10年近く、いやそんなに経ってなかったが、結構な期間放置してたこのblogをいよいよ再利用してまた日記的なメモ的な雑記的なものを付けて行こうと思いますよ。再始動だよUK。
スポンサーサイト
| commnet:0 | ↑TOP |

バンド 満溢

もうかれこれ2年ぐらい、最近似たりよったりなバンド多い、という話をいろんな人とする機会がある。

なんで似たものが多いのか?

確信できる答えはないのだけど、そういう似たり寄ったり感を多少楽しんでいる節がどこかある、ということは言えば言えると思う。

Friendly Fires - [Paris] @ Reading and Leeds

イギリスのバンドFriendly fireの最近のライヴ映像。歌詞は「僕と君はおしゃれなパリっ子になるんだ 今はお金ないけど、いつか必ず」という乙女チック(死語)かつ本当に英国男子の風上に置けない内容だけど、最近のおしゃれ男子バンドの中では頭一つ抜けた感じ。

それにしてもつい2週間ぐらい前にイギリスの音楽フェスの出演の合間に収録されたものが、日本で見れるなんて、これが今の時代だなあと思います。日本に来れないバンドのライヴパフォーマンスを時間差なしに見られるなんて少し前まであまり考えられなかった。

ソース:
2008-09-18 - 想像力はベッドルームと路上から
そんで話は変わるけど、こちらはイタリアのMax Pezzaliの新曲。
Max Pezzali - [MEZZO PIENO O MEZZO VUOTO]

一つの曲を演奏風景をビデオに撮るためにわざわざ20組ぐらいのバンドを集めて、それぞれに演奏の真似をさせている。

エアギターみたいに"弾けないミュージシャン"たちのパフォーマンスではなくて、それなりにバンド活動やってるっぽい人たちが、同じ曲それぞれに演奏してるふりをしているヴィジュアルだけ使われているんだけど、これだけ密集させると異常な感じがある。ミュージシャンが歌ってる様子をただ見せるだけのミュージックビデオとか、何かへの皮肉とか警鐘のつもりなのか結局かわからないけど、ただ「集める」だけのこのひねりのなさが逆に不気味だ。

「これが音楽の未来だ!!」みたいな作品はここ最近ないなと思うけれど、もうしばらくするとまた揺り戻しで「よくできた」作品を作るバンドも出てくるんじゃないかな。
| commnet:0 | ↑TOP |

八戸の物議を醸しそうなもの

お盆前後だけ帰るつもりだった郷里の八戸にもう2ヶ月近くいます。不運にも盲腸になったり、新しい就職口が決まりかけて結局蹴ったり、となんかいろいろあったんですが、もうそろそろ東京に戻ります。せっかくなので地元の雰囲気が伝わる話題をblogに残そうじゃないか。

  • デーリー東北:主なニュース:市民が酒造りに挑戦/八戸(2008/02/14)
    ただの酒造りの話題なんだけど、製造してるグループの名前が何気に「がんじゃ自然酒倶楽部」。これはやばいフラグかー!?と思いきや、南部弁で「がんじゃ」とは自然の湧き水のことをいうのだとか。地元だけど知らなかったー。

    最近流行の地元のオーガニック系の自由人達が酒作りに手を出したのか。と思いました。そこまで進んでませんでした。

    今年八戸出身の伊調兄弟が女子レスリングで金・銀メダルを取ったんだけど、そんな地元で開催されたラップバトル大会の予選。


    なんか、こう、”カオス” って感じだよね。経済も低迷し続けてるし。
  • | commnet:2 | ↑TOP |

    Thriller25周年

    中国とオリンピックに注目が集まってますが、皆さん忘れないで。

    今年はThriller25周年ですよ。

    今年の初めあたり、一時Thriller関連のビデオばかりオンラインで見ていました。

    結婚パーティーでThrillerとか。


    志村バージョンとか。

    マイケルの大切な25周年、皆さん忘れていましたか?そんなことなければいいですが、それならそれで別によいです。
    | commnet:0 | ↑TOP |

    あけましておめでとうございます

    みなさん年賀状出しましたか?年賀状届きましたか?
  • ひとりを愛せる日本へ。‐日本郵政グループ
  • ひとりを愛せる日本へ。‐日本郵政グループ


    民営化のついでにこんなページ作っちゃいました、という感じで、また意味がないもんをよく作ってくれて。

    郵便局が「ひとりを愛せる日本」って何だよ。誰が誰に向けたメッセージだよってね。
  • | commnet:0 | ↑TOP |

    Azureus、P2Pテレビ機能を実装

    実家のPCで何気にtorrentを使うことがあって、こちらに持ってきているPCに上のAzureusを改めてインストール。そこで初めて単なるアップデートデータでない、新しいパッケージAzureus Vuseを入れたところ、なるほどという新機能がついてた。
  • Azureus : Java BitTorrent Client

    JoostのようなP2Pによるユーザー/クライアント間でインターネットTVチャンネル視聴を可能にするソフトが今年出てきたけど、そのタイミングでこのAzureusもP2Pでストリーミングとダウンロードで動画共有を可能にする機能を付けていた(しかも調べたら、今年の2月頃からだったのか)。

    何気にP2Pって、ホットな話題ではないと思われてるような気がするけど、移り変わりの激しいネットの世界でも、もはやとは簡単に言えないものがあるんだとわかった。

  • Napster Japan
    歴史ある元P2PソフトNapsterも今はただの音楽配信サービスのポータルに。でも今年はこれとクラシック音楽の老舗レーベルのNaxosのナクソス・ミュージック・ライブラリーをかなり利用してました。

    最初は買うほどではないかな?という感じの新譜のチェックに使っていたんだけど、すごい昔の手に入れられなくてあきらめた旧譜がひどくあっさりと見つかったりして、単なる"聞き放題"に終わらない魅力がある。廃盤というものが事実上ほとんどない(著作権者や出版者が望まない限り)、ということがすごい。

    Napsterはいろいろと端緒となったソフトウェアではあるけれど、あれがなくても現在のような音楽配信の多様なサービスが生まれる、という流れは、いづれにしろできてたんじゃないかという気がする。
  • | commnet:0 | ↑TOP |

    Scratch ショーケース・ライヴ

    一頃よりは、ブームも落ち着きを見せたかな?という感のあるHuman Beatboxのシーンだけど、すごい人はまだまだいて、やっぱり盛り上がるところでは盛り上がってる。

    Kanye Westをフィーチャーした新しいアルバムが出るらしいけど、一度この人、生で見たいなと思ってる。


    元The rootsのHuman Beatboxer、Scratch。元The rootsといえばRahzelの方がメジャーかもしれないけれど、僕はScratchが特に好き。彼らを初めて知った頃のThe rootsはデビューして間もない時期で、まだ2人ともソロキャリアの方に入っていなくて、なんともいえないほのぼのしたグループで、とても好感があった。

    上の動画の元を辿っていったら、Beatboxing World ChampionshipというイヴェントのHPが。とても全部見られないほど、たくさんビデオがあるので、Human beatboxerのジャンルを掘り下げたいって人は是非。
    | commnet:0 | ↑TOP |

    自分で作文しないってどうよ

  • パブコメ最終案とパブコメ・ジェネレータの公開について
    >>MIAU

    各省庁に提出するパブリック・コメントの雛形をネットで公開しているということは今までよくあったけど(自分で作文しないっていうのもどうよ?と思ったけど)、それをさらに進めてなんとパブコメ・ジェネレータが作られてます。出来の良い悪いはともかく、意見の集約ってのは、そういうものでいいのか?と思うんだけど。

    ちなみにPC用と携帯電話用の両方用意されているという気合の入り具合。

    賛否いろいろあるにしても、最初から官庁に世論調査させていればいいのではないかと思う。まあ、そもそもパブリックコメントってどれくらい政策に反映にしているか少し懐疑的に思ってはいるんだけど。
  • | commnet:0 | ↑TOP |
    YOSSY'S ARCHIVE
    YOSSY'S TWITTER
    ABOUT YOSSY
    ENTRIES
    YOSSY'S BOOKMARK
    COMMENT
    YOSSY'S ARCHIVE
    CATEGORIES
    SITE INFO
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。